新潟産食材を食べよう

さといも
肥沃な大地が育んだふるさとの味

さといも

 新潟県のさといもの栽培面積は約140ha。年間2000tの生産量があります。新潟県のさといもの主な品種は「大和早生」です。さといもは、新潟の郷土料理「のっぺ」に欠かせない新潟の冬の食材の代表です。JA新潟みらい(五泉市)の「帛乙女」、JA新津さつきの「里のいもこ」など各産地がブランドを築き上げてきました。ちなみにさといもの名前の由来は山野に自生する山芋に対し、「住居の近くでつくる芋」、「村里で栽培される芋」から「さといも」といわれています。

収穫時期

8月末~11月末(出荷時期8月末~翌年3月末)

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

主な産地


トップへ