JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

地元の魅力再発見 収穫体験など地域住民へツアー JAにいがた南蒲【JAにいがた南蒲】
2018.11.05

 JAにいがた南蒲は10月中旬、「なんかんたんけん隊バスツアー」を行った。農業体験などを通じて地元の魅力を再発見し、地産地消に理解を深めることが目的。地域住民29人が参加し、梨とブロッコリーの収穫体験やJAの施設見学などを楽しんだ。今回で10回目。

 三条市の丸山農園では、梨「新高」の収穫を体験した。JA北営農センター園芸特産課の河野東樹課長が品種の特徴や今年産の生育状況を説明し、収穫の方法をアドバイスした。参加者は「梨を収穫するのは初めて。大きい梨が取れてうれしい」と話していた。

 ブロッコリーは見附市の清水農園で収穫を行った。園主の清水満さんは「ブロッコリーは根元から切って収穫する。なるべく大きいものを選んで収穫してほしい」とポイントを伝えた。

 同JA南低温倉庫では、倉庫内に保管されている米を見学。米の品質管理や使い道を説明した。参加者は「備蓄米は毎年入れ替わるのか」「米の等級はどのように決まるのか」などと質問していた。

 また、同JAの農産物直売所「ただいまーと」で新鮮な農産物の買い物を楽しんだ。土産として同JA管内で栽培したトマト「らくゆたか」を使用したオリジナルトマトジュース「極(ごくっ)~真っ赤な贈り物~ Tomato Juice . nomu」を配った。

にいがた南蒲 なんかんたんけん隊バスツアー

ブロッコリーの収穫を体験する参加者

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!