JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

地元農家がマンツーマンで児童に稲刈りを教える・田んぼの学校体験学習【JA越後ながおか】
2018.10.16

 長岡市立新組小学校の5年生17人は9月下旬、大黒町の水田8㌃で「田んぼの学校体験学習」として、稲刈り体験を行った。

 田んぼの学校は、地元で農地・水・環境保全活動などに取り組む「グリーンエコ新組」と同校が協力して取り組んでいる。JA越後ながおか新組支店や新組コミュニティセンターなども活動を支援している。多面的機能を持つ田んぼの大切さや食べ物の大切さ、自然環境の大切さなどを児童たちに伝えることを目的に、毎年行っている。今年はこれまでに田植え体験やかかし作り体験などを行ってきた。

 稲刈りにはグリーンエコ新組の構成員の他、同JA支店の職員らも参加。児童はグリーンエコ新組の構成員からマンツーマンで鎌の使い方や稲の束ね方などを教わりながら、昔ながらの稲刈りを楽しんだ。

 刈り取った稲をはさ掛けにした。今回収穫した米は、10月17日に行うおにぎり作り体験で使用する予定だ。おにぎり作り体験では、児童が自分たちで米を炊いておにぎりを作り、保護者と共に試食する。

 参加した児童は「自分たちで植えた苗が立派に育って嬉しい。食べるのが待ちきれない」と笑顔で話した。

越後ながおか 新組小学校稲刈り稲の束ね方を教わる児童

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!