JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

女性の視点で商品づくり/新潟県畜産振興協など6次産業化へ研修会
2014.02.03

公益社団法人新潟県畜産協会と県畜産振興協議会は24日、新潟市食育・花育センターで、「女子力による経営の魅力アップ研修会~魅力ある商品づくりに向けて」を開いた。県内の女性農業者とJAや行政関係者ら約100人が参加。講演や事例発表を通じ、6次産業化に向け、女性の視点や感性を生かした魅力ある商品づくりを学んだ。  同協議会幹事長で、県畜産課の石田司課長が「協議会では、今年から作る(=創る)魅力、売る魅力、食べる(=買う)魅力の三つの魅力を柱に、『新潟の畜産魅力アップ運動』を展開する。女性ならではの取り組みで、人間力や地域とのつながりを生かし、楽しい農場づくりを期待する」とあいさつした。  講演では、長岡市のコンサルタント会社代表の丸山結香さんが「経営者一人の能力には限界がある。従業員も含めた複数の人で、考え、作り、売ることが大切だ」と強調。魅力ある商品は、消費者が選ぶ商品とし、水平思考のポイントやマーケティングリサーチなどを解説し、「同業者と群れず、異業種と交流し、情報やヒントをもらったり絆づくりをした方が役に立つ」とアドバイスした。  6次化に取り組む事例発表では、長岡市の㈲ケーエスファームの加勢アヤ子さんが、国内でも珍しい乳牛「ガンジー種」の生乳を原料に「ジェラート」加工と直売店の取り組みを紹介。柏崎市の鎌田養鶏㈱の立川有佳さんも、採卵鶏では国内初のアニマルウェルフェア(動物福祉)施設で生産した鶏卵の自社直売と、スイーツ開発・販売を発表。阿賀野市の㈱脇坂園芸の脇坂よしみ専務は、同社の取り組む「食べる花」(エディブルフラワー)の加工に取り組んだ経過を話した。  意見交換では「異業種交流のメリットに何があるか」「6次産業化のきっかけを教えてほしい」などについて議論。併せて、事例発表者が販売する、ケーキに乗せたパンジーの花やたまごプリン、ジェラートも試食した。

写真=研修会で試食する参加者

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!