JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

SDGsにつなぐ 出雲崎町政と包括連携協定締結【JA越後さんとう】
2020.02.14

 JA越後さんとうは10日、出雲崎町で「出雲崎町と越後さんとう農業協同組合との地域活性化包括連携協定」を締結する調印式を行った。調印式には同町の小林則幸町長、JA経営管理委員会の奈良場義夫会長ら7人の他、合同で協定を締結した日本郵便の代表者5人も出席した。

 この協定は、2019年10月に開いた町と同JAの懇談会での協議内容を受けて、同JAから町へ提案し、実現した。連携事項は「農業の振興および地産地消の推進に関すること」「地域および暮らしの安全・安心の確保に関すること」「災害時支援に関すること」の3点。

 特に農業振興では、出雲崎産「コシヒカリ」を一般「コシヒカリ」と差別化するとともに、加工所では、特産の釜谷の梅や地場産野菜の漬物などの加工品を製造し、直売所などで販売する。また、若年層への食農教育活動として、学校田も支援する。農業者の高齢化が進む中、今後は町と一体となって法人設立や農業の集団化を推進していく考えだ。

 協定締結を契機とし、農業が今後も町の大切な産業の一つとして継続し、中山間地の景観保存などの多面的機能の発揮を目指す。また、食と農を基軸として地域に根差した協同組合として地域課題の解決に貢献し、国連の持続可能な開発目標(SDGs)にもつなげていく。

 奈良場会長は「JAは経営理念の一つに『地域と共に、地域社会との共生』を掲げている。今回の締結が組合員をはじめとする出雲崎町民にとって意義あるものとなるよう、また自己改革目標である地域活性化の一助となるよう、しっかり取り組んでいきたい」と意欲を示した。

越後さんとう 出雲崎町政と包括連携協定締結

固く握手を交わした奈良場会長(右)と小林町長(中)ら

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!