JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

稲作部会良食味コンテスト【JA胎内市】
2020.01.27

 JA胎内市は1月中旬、「第2回JA胎内市良食味米コンテスト」の認定式を胎内市で行った。同JA管内は山間部から海岸沿いまでさまざまな条件の下で水稲を栽培していることから、2019年度から平野部の「中条・黒川地区の部」と山間部の「胎内地区の部」の2部門で開催した。最高賞の金賞は「中条・黒川地区の部」で乙(きのと)集落の南波久志さんが、「胎内地区の部」では坂井集落の坂上良夫さんがそれぞれ受賞した。

 同コンテストは胎内市産米の食味・品質向上を推進し、生産者の高品質・良食味米の生産に対する意識向上を目的に昨年から開催している。

 審査は1次、2次審査で整粒歩合、食味値などを測定。3次審査では味度値を測定し、各部門上位3人まで絞り込む。最終審査は同JAの齋藤和信組合長、鈴木均副組合長をはじめとしたJA役職員が審査員となり、食味官能審査を行った。

 審査員を務めた齋藤組合長は「昨年は県全体で米の品質が思わしくなかった中、生産者は非常に苦労されたと思う。最終審査の米はいずれも高品質で大変おいしく、審査結果については僅差だった。今後も高品質な胎内市産米の生産をお願いしたい」と話した。

 JA胎内市営農指導課の長谷川隆行さんは「今後も稲作部会活動を通じ胎内市産コシヒカリの高品質生産と消費拡大につながる活動を行いたい」と話した。

 その他の受賞者は次の通り。
 ◇「中条・黒川地区の部」▽銀賞=小泉正志▽入賞=赤塚清
 ◇「胎内地区の部」▽銀賞=桐生紋之十▽入賞=佐藤康文

胎内市 稲作部会良食味コンテスト

JA胎内市良食味米コンテストの入賞者ら

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!