JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

被害者支援自動販売機 売り上げの一部を寄付 市内民間企業で初めて JAにいがた南蒲【JAにいがた南蒲】
2020.01.06

 JAにいがた南蒲は12月から、清涼飲料の売り上げの一部を犯罪や事件・事故に遭った被害者やその家族、遺族に対する支援に活用してもらおうと、被害者支援自動販売機の設置を始めた。JAの地域・社会貢献として、安心して暮らせる地域づくりを支援していく。三条市の民間企業では、同JAの導入が初めてとなる。

 25日には同市のJA本店で、にいがた被害者支援センターの井口善雄事務局長からJAの佐野行雄理事長に感謝状が贈られた。井口事務局長は「県内の設置は112台になった。飲料を買うだけで、簡単に被害者支援につながるので取り組みの輪を広げていきたい」と期待した。

 JAが自動販売機を設置したのは、本店に2台の他、同市内の北営農センターに1台、長岡市中之島地区の南営農センターに1台で、主に職員が利用している。

 JAの佐野行雄理事長は「JAの社会貢献として寄付することも大切だが、職員が利用することで被害者の方に目を向け考える機会となり、支援活動への理解を深めていきたい」と意気込んだ。

にいがた南蒲 被害者支援自動販売機設置

井口事務局長㊧から感謝状を受け取るJA佐野理事長

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!