JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

冬のシャイン出番 JAにいがた南蒲【JAにいがた南蒲】
2020.01.06

 JAにいがた南蒲は12月中旬の2日間、「冬のシャインマスカット」を出荷した。需要期を遅らせることで、高単価による農家手取りの向上を狙ったもの。同JA天果糖逸(てんかとういつ)出荷販売協議会の三条市の会員6人が出荷した。今年で4年目の取り組み。

 ブドウ「シャインマスカット」は、8月から出荷が始まり10月に出荷を終えるが、「冬のシャインマスカット」は、10月上旬に収穫したもの。水が入ったフレッシュホルダーと呼ばれる鮮度保持容器を穂軸にセットし、乾燥防止の袋を掛けて2度の予冷庫で保存。2カ月以上の長期保存が可能で、需要期を大幅に遅らせることができる。今年は昨年の800房を大幅に上回る2000房を出荷する予定だ。

 JAの担当者は「10月は出荷終期で小売価格は1房1500円程度。今は競合するブドウがほとんどなく、2000~2500円程度で販売され農家手取りもアップする。糖度も20以上と高い」と話す。

 出荷はトレー(1房500~600グラム)と粒を詰めたカップ(1カップ200グラム)を用意。全て県内で消費される。

にいがた南蒲 冬のシャイン出番

出番を迎えた「冬のシャインマスカット」

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!