JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

JA胎内市チューリップ切花出荷会議【JA胎内市】
2019.12.16

 JA胎内市切花専門部会は11月中旬、チューリップ切花出荷会議を開いた。部会員や市場関係者ら22人が出席。水澤勝栄部会長は「今年使用している球根は、昨年以上に肥大も良く品質の良い球根に仕上がっており、高品質な切り花になると期待している」と話した。

 出席した市場担当者からは「全国各地で自然災害の多い年で、切り花生産に大きな影響をもたらしている。新潟県のチューリップ切り花は現在、生育も順調。年末に向けて買参人へPRし、普及拡大に向けて販売に取り組んで行く」と話した。

 今年の出荷期間は12月から翌年3月まで。主な出荷先は、県内市場の他、東北、関東、関西。生産者17人で165万本(前年比107%)の出荷計画で、販売額1億円を目指す。

胎内市 チューリップ切花出荷会議

チューリップ切り花について話し合った出荷会議

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!