JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

自分たちが育てたコシヒカリを土鍋で炊こう 柿崎小で「えこもりん‘Sクラブ」開催【JAえちご上越】
2019.12.09

 JAえちご上越では、次世代を担う小学生とその保護者を対象に、食と農、JAへの理解を深めてもらおうと、今年度から各地で「えこもりん‘Sクラブ」を開いている。各支店に設置する支店協同活動委員会を中心に、食の情報提供や農業体験、調理実習などを実施。地場産品のおいしさや農業の楽しさなどを伝えている。

 同JAでは、2019年度から21年度にかけて実践する第6次中期3カ年計画に基づき、「えこもりん‘Sクラブ」を全24支店で開催する計画だ。活動内容は、農業や食、お金の大切さや共済の役割など、JAの総合事業に関するテーマから営農部と支店が連携して選定する。若い世代とJAとのつながりを強化し、継続的な情報共有やJAファンの拡大を目指す。

 はまなす支店と同部地域ふれあい課は、上越市立柿崎小学校に出向き、「えこもりん‘Sクラブ」を開いた。5年生の44人とその保護者が一緒に親子活動を行い、児童が育てた米「コシヒカリ」を土鍋で炊いておにぎりを作り、地場野菜たっぷりの豚汁と一緒に味わった。

 児童は、保護者と一緒に豚汁用の大根やタマネギなどを食べやすい大きさに切り分けたり、ゴボウのささがきにも挑戦。また、ごはんが炊き上がるまでの音や、土鍋からの香りを熱心に観察した。

えちご上越 柿崎小でえこもりんSクラブ開催③

野菜の下ごしらえに挑戦する児童

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!