JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

自己改革の取り組みについて意見交換 JAみなみ魚沼自己改革評価会議【JAみなみ魚沼】
2019.11.25

 JAみなみ魚沼は20日、南魚沼市内で「JAみなみ魚沼自己改革評価会議」を開いた。南魚沼市長や湯沢町長、管内の生産組合代表者、同JA役員ら13人が参加した。同会議は、JAが実践するJA自己改革への取り組みについて、組合員や行政との連携を図る目的で実施した。

 当日は、JA自己改革に関する組合員調査の結果と自己改革行程表の進捗(しんちょく)状況について事務局が報告した。その後、JA自己改革の評価や農畜産物販売高向上への取り組み、南魚沼産「コシヒカリ」のブランド力の維持・拡大と園芸品目の南魚沼ブランド産地確立などのテーマに基づき、意見交換した。

 南魚沼市の林茂男市長は「農業の諸問題に対して、行政とJAの存在が非常に大きな意味を成す。また、ふるさと納税は、ほとんど農業産品が選ばれている中で、雪をキーワードとした差別化への取り組みにもJAとして協力願いたい」と話した。

 湯沢町の田村正幸町長は「総合事業の展開と准組合員も含めJA事業へ参加してもらうことは、組合員の負担軽減とサービスの向上につながると思うので一定の評価をしている。また、持続可能な農業を支援していくことが、南魚沼地域の農業の発展や若者の参入において重要だ」と話した。

 同JAの小倉一男組合長は「基幹産業である農業に力を入れなければこの地域は盛り上がらないと考えている。頂いた貴重な意見を担当部署と協議の上、事業に反映し、積極的に取り組んでいく」と意気込みを語った。

みなみ魚沼 自己改革で意見交換

意見交換をする参加者

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!