JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

栗の品質を競う【JA新潟みらい】
2019.10.28

 JA新潟みらい村松栗組合は23日、五泉市役所村松支所で栗の品質を競う「村松栗共進会」開いた。生産者の技術力向上と産地のPRを目的に毎年開かれ、今年で44回を数える。粒ぞろいや形、色つやなどの七つのチェックポイントを基に審査し、最優秀賞にあたる五泉市長賞には五泉市別所の高岡富栄さん(61)の「筑波」が選ばれた。

 出品された栗は合計35点。「石鎚の部」「手々打の部」、それ以外の品種の「その他の部」の3部門を、新潟農業普及指導センター所長、五泉市農林課長、JA新潟みらい村松特産振興協議会会長ら6人が審査した。

 高岡さんの受賞理由として、収穫期から1カ月経過している「筑波」だが、保存方法が適切で色つやなどが劣化していないことが挙げられた。高岡さんは「5回目の出品で初めて五泉市長賞を受賞した。天候の影響もあって諦めていたので受賞できて驚いている」と笑顔で話した。

 五泉市長賞の他には部門ごとに優秀賞、優良賞、努力賞、来場客の一般審査による大衆賞を選定し、五泉市長賞以外は販売された。

 五泉市長賞以下の各部門の優秀賞は以下の通り。

 ▽石鎚の部=桑野昌彦(五泉市牧)▽手々打ちの部=長吉良幸(五泉市牧)▽その他の部(岸根)=川瀬和博(五泉市牧)

新潟みらい 第44回栗共進会②

厳正に審査する審査員

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!