JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

学校と連携して食農教育 クラブ活動ボランティア【JAみなみ魚沼】
2019.10.01

 JAみなみ魚沼営農部営農指導課は9月中旬、南魚沼市内の第一上田小学校のクラブ活動ボランティアに参加した。同校の児童や教師、保護者ら計18人が参加し、郷土料理「なす味噌(みそ)」を作った。この活動は、同校の児童がカリキュラム終了後のクラブ活動を通じて、新たな視点で興味・関心を深めることを目的に計8回の開催を予定している。

 ボランティアを募集するクラブは、「球技クラブ」「自然と親しむクラブ」「家事はまかせてクラブ」「ゲートボールクラブ」「ダンスで交流クラブ」の五つがある。

 同JAは「家事はまかせてクラブ」のボランティア講師として、JA女性部と参加し、具材の切り方や炒め時間、味付けなど丁寧に指導した。児童らは慣れない包丁の扱いに苦戦しながらも、班で協力して「なす味噌」を作り上げた。 

 同JA営農指導課の峠好枝さんは「児童には地場の農産物を自分たちの手で料理し、食べることの大切さを学んでほしい。今回の郷土料理がその一環になってほしい。今後も多くの機会で食農教育を展開していき、地域の活性化に貢献していきたい」と振り返った。

みなみ魚沼 クラブ活動ボランティア

JA職員からなすの切り方を教わる児童

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!