JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

地域住民向けに農業研究成果を紹介 北陸研究拠点「一般公開」で試食やパネル展示など多彩な催し【JAえちご上越】
2019.09.26

 農研機構中央農業研究センター北陸研究拠点は8月下旬、施設内や日頃の研究成果を地域住民に紹介しようと、上越市で一般公開を行った。米の新品種や農業新技術のパネル解説や、米や大麦を使った食品の試食、大型農業機械の展示など多彩な催しを実施。同拠点で育成した中生水稲品種「にじのきらめき」のおにぎり試食には、多くの人が集まった。

 一般公開は、農業の役割や最新の研究成果を地域に広めるため毎年行っている。顕微鏡観察を体験できるコーナーや大型農業機械との記念撮影など、家族連れで楽しみながら農業を学べる。例年600人以上も来場する恒例イベントとなっている。

 「にじのきらめき」は、「コシヒカリ」と収穫時期はほぼ同じで、倒伏や高温に強い。「コシヒカリ」より15%程度多収で、玄米品質に優れる。大粒で業務用に適し、北関東から北陸、西日本まで広い栽培適地を持つ。おにぎりを食べた人は「コシヒカリに負けず、もっちりとしていておいしい」と話した。

 同拠点の水田利用研究領域・領域長の荒井治喜さんは、「今年は注目の水稲新品種やスマート農業の最前線についてお伝えした。市民の皆さんに農業の重要性を理解していただけるよう、分かりやすく情報発信をしていきたい」と話した。

えちご上越 北陸研究拠点一般公開②

多くの人が注目した「にじのきらめき」のおにぎりプレゼント

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!