JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

小学生親子を対象に病院探検 地域医療の役割をPR【JAえちご上越】
2019.09.02

  新潟県妙高市のJA新潟厚生連けいなん総合病院は8月上旬、小学生親子を対象に「病院探検ツアー」を行った。参加者は手術室やレントゲン室、リハビリルームなどを巡り、AEDを使用した人命救助方法や車椅子の操作を体験。地域住民の健康を支える病院の役割を学んだ。

 同病院の見学ツアーは、若手プロジェクトチームの発案によるもの。地域の健康を守る医療の大切さを知ってもらおうと、2年前から行っている。病院にはさまざまな仕事があることを子どもたちに紹介し、医療の仕事にも興味を持ってもらうのも目的の一つだ。

 ツアーには、上越市、妙高市から約40人の親子が参加した。参加者は目にする機会が少ない医療現場や機器に触れながら、仕事の説明を熱心に聞いた。救命方法の体験では、人形を相手に自動体外式除細動器(AED)パッドの装着から電気ショック、心臓マッサージまで一連の動作を行い、非常時に人命救助ができるよう指導を受けた。

 体験した小学4年生の岡田康佑さんは「力強く心臓マッサージを行わなければいけないと学んだが、実際にやるのは難しいと思う。命を助けることはとても難しいことだと実感した」と話した。

えちご上越 けいなん病院ツアー

心臓マッサージを体験する小学生

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!