JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

JA柏崎で新米の初検査【JA柏崎】
2019.08.26

 JA柏崎で21日、新米の検査が始まった。柏崎市平井のJAライスターミナルには、15日から収穫された極早生品種「葉月みのり」約13トンが持ち込まれた。新潟県柏崎地域振興局や柏崎市、刈羽村の関係者らが初検査を見守った。新潟県農産物検査協会の検査員が、米の水分量や粒の大きさなどを念入りに検査した結果、全て1等米に格付けられた。

 「葉月みのり」は、新潟県農業総合研究所が1996年から、「コシヒカリ」「こしいぶき」「ひとめぼれ」などの交配を重ねて開発した極早生の新品種。昨年度のプレデビューに続き、今年度から本格デビューとなる。

 昨年は梅雨明け以降の高温と水不足が品質と収量に影響した年だったが、今年は生産者の適切な水管理により品質が維持することができた。検査会場で行った「葉月みのり」の試食では「粒が大きく、香りとつやが良い、甘味があっておいしい」と好評だった。

 JAの小林眞営農担当常務は「8月の高温や水不足による品質低下を懸念していたが、生産者の努力により高品質米を消費者に届けられるのが非常にうれしい。今後収穫を迎えるこしいぶきやコシヒカリも葉月みのりと同様に高品質米になってほしい」と期待を込めた。

 検査を受けた新米は、24日から同JA直売所「愛菜館」や県内のスーパーの店頭に並ぶ。

柏崎 JA柏崎で新米の初検査

一粒一粒を慎重に検査を進める検査員ら(21日、新潟県柏崎市で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!