JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

農福連携で除草作業・農家と事業所、JAがつなぐ【JA新潟市】
2019.08.16

 JA新潟市中部営農センターと新潟市は2日、市内の障害者就労支援事業所の利用者に、水田の除草作業を一部委託する取り組みを始めた。「農福連携」の一環として初めて実施。利用者6人が43アールの田で作業した。労働力不足に悩む農家と、働く場を求める障害者が協力して、双方の課題に対応する試みとして関係者は手応えを示す。

 農福連携は、農家と障害者のマッチングをどう進めるかが課題とされる。今回は、同営農センターが、新潟市あぐりサポートセンターを通じて両者を仲介した。

 社会福祉法人中蒲原福祉会が運営する事業所「メイプルかめだ」の利用者に、除草を委託した。同市東区の近藤仁さんの田で、利用者6人が1日2時間ずつ、5日間かけて作業。JA職員が除草方法を指導した。

 同営農センターの高瀬亨営農指導員は「除草作業は農家にとっては負担が重いので、労力不足が補えるのはありがたいこと。利用者の方は丁寧な仕事をする。今後、他の農家からも申し込みがあるのではないか」と期待を寄せる。

 同事業所の葉梨晃成指導員は「最近は農家からの依頼が増えており、期待の高さを感じている。利用者も農家からの『ありがとう』という声掛けが喜びになり、モチベーションアップにつながっている」と手応えを強調した。

新潟市 農福連携

笑顔で除草作業する利用者(右)と高瀬指導員

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!