JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

品質向上!なす栽培指導会【JA十日町】
2019.07.09

 JA十日町なす生産組合は6月中旬、十日町市のナス農家、水品雅嗣さんの圃場(ほじょう)で、「梵天丸(ぼんてんまる)なす」現地指導会を開催した。生産者、JA十日町、十日町農業普及指導センターら19人が出席し、長期収穫を目的とした肥培管理を中心に栽培指導した。

 十日町農業普及指導センターの市村恒雄課長代理は「土壌を乾燥させないよう夕方の涼しい時間帯に水やりをし、小まめに草勢を見ながら追肥してほしい」と話した。同JA園芸畜産課の佐藤克俊販売担当は「生産状況を踏まえて商談し、有利販売につなげていく。皆さんは高品質のナスを少しでも多く出荷してほしい」と呼び掛けた。

 「梵天丸なす」は、薄皮で肉質がち密、歯切れの良いのが特徴。本来は小ナス向けの品種だが、同生産組合では大きめに栽培しているため、独特の歯応えを楽しめる。JA管内では生産者22人、栽培面積は2・1ヘクタール、出荷量は60トンを目指す。主に関東圏へ販売し、6月中旬から10月末までの出荷を見込んでいる。

十日町 なす栽培指導

栽培指導会に集まった生産者

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!