JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

早急な中干し実施で過剰生育にブレーキを/指導会で呼びかけ【JAかみはやし】
2019.07.03

 JAかみはやしは6月上・中旬、村上市の管内12集落で中干し指導会を開いた。同JAの営農指導員が各集落に出向き、生育状況を基に当面の管理のポイントや水田雑草の見分け方、中後期除草剤を紹介した。指導会は毎年開いている。

 6月上旬の高温・多照の影響で生育が旺盛で、草丈はやや長い。茎数は多く、葉数の進みが早くなっている。「コシヒカリ」では中干し適期に達している圃場(ほじょう)も多く見受けられるため、直ちに茎数を確認して、早急に中干しを開始するよう呼び掛けた。また、ホタルイやヒエなど水田雑草の発生が近年多いことから、資料を使い、見分け方を説明。除草剤を散布する前は、圃場に入ってよく確認するよう注意を促した。

かみはやし 中間管理指導会

圃場に入って生育を確認する指導員

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!