JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

タマネギ出荷前に意思統一 JA新潟市南浜そ菜部会目合わせ会【JA新潟市】
2019.06.20

 JA新潟市と同JA南浜そ菜部会は11日、北区の同JA南浜選果場でタマネギの出荷目合わせ会を開いた。組合員とJA職員、市場関係者など12人が参加。15日の加工用タマネギの出荷開始を前に、生育状況、収穫・貯蔵に関する注意点の確認や出荷規格の意思統一を図った。

 同区の南浜地区で栽培されるタマネギは主に加工用に出荷している。同JAが自己改革の基本目標である「農業者の所得増大」の実現に向けて策定した「米プラス1園芸拡大運動の推進」によって、稲作所得に加え園芸品目の導入・拡大をすることで所得増大につなげようと、加工用タマネギの作付けを提案したものだ。

 6月中旬から7月下旬まで加工用・市場出荷用合わせて約21トンの出荷を見込む。今年産は冬場の小雪の影響で越冬率が良く、生産量は例年に比べ良好だ。しかし、全国的にも豊作傾向で価格は低めに推移しており、今後価格の上昇が期待される。

 同部会の神田守男部会長は「梅雨に入り雨の日が続くことが予想されるが、収穫のタイミングを見極めてほしい。しっかり乾燥させることで腐敗や病気が出ないように気を付け、品質の良いものを出荷していこう」と呼び掛けた。

新潟市 南浜玉ネギ目合わせ

出荷規格を確認する参加者

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!