JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

南浜小玉すいか出荷前に規格確認 JA新潟市南浜すいか部会目合わせ会【JA新潟市】
2019.06.12

 JA新潟市と同JA南浜すいか部会は5月31日、北区の同JA南浜選果場で小玉スイカの出荷目合わせ会を開いた。組合員とJA職員、市場関係者ら31人が参加。6月2日の出荷開始を前に、着果日から収穫するまでの日数確認や出荷規格の意思統一を図った。

 今年産は春先の気温の寒暖差で着果に苦労したが、5月に入ってからの好天で生育は例年並み。小玉スイカは6月上旬から8月下旬まで201トンの出荷を見込む。

 同区の南浜地区ではハウスや露地、小玉に大玉とスイカの栽培が盛んで、今年3月、県の補助事業を活用した21棟・50アール規模のハウス団地が完成。一層の出荷量の増加が期待される。

 同部会の松田勝巳部会長は「これからの時期は晴れた日が続くことが予想され、水管理が大事になってくる。適正な水管理を徹底して品質の良い南浜すいかを出荷していこう」と呼び掛けた。

新潟市 南浜スイカ目あわせ

試し切りをし、糖度を測定するJA職員

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!