JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

19年度の親子あぐりスクール開始、ブランドサトイモ「帛乙女」種芋植え付け【JA新潟みらい】
2019.05.07

 JA新潟みらい食農食育推進協議会は、親子で一緒にJA管内の農作物の栽培体験をする「親子あぐりスクール」を開き、食の大切さと地域の魅力の理解促進に取り組んでいる。2019年度最初の取り組みとして4月下旬、五泉市で、サトイモ「帛乙女」栽培体験コースを開いた。親子6組15人が参加し、ブランドサトイモ「帛乙女」の種芋を植え付けた。

 参加者は、それぞれの名前や絵を描いてオリジナルの看板を作り、目印として畑に立てた。畑を所有する浅井久美雄さんから植え方を教わり、植える深さに注意しながら、1組当たり10個の種芋を植えた。「思っていたよりも簡単にできた。秋の収穫が待ち遠しい」と感想を話した。

 参加者は、近くの「五泉市チューリップまつり」の会場でチューリップの花摘みも体験した。

 「親子あぐりスクール」はJAバンク教育活動助成事業を活用して運営する。今回のコースの他に、水稲「新之助」の栽培、トウモロコシ栽培、今年度から新たに行う、エダマメ栽培のコースがある。

新潟みらい 親子あぐりスクール里芋種芋植え

種芋の植え付けをする参加者親子

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!