JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

北越後産ねぎの魅力を次年度もPR/北越後農協ねぎ部会通常総会【JA北越後】
2019.04.08

 北越後農協ねぎ部会は3月26日、新発田市で2018年度の通常総会を開いた。関係者ら40人が参加。18年度の事業報告や収支決算など全4号議案が承認され、役員改選が行われた。部会長に後藤健一さん、新副部会長に大沼智さん、中野佑一さんが就任した。

 総会後には研修会も行われた。JA全農にいがた園芸部野菜果実課の木村侑貴さんが、18年度の野菜販売概況について説明した。18年度は夏の高温干ばつによる出荷量減と、10月の高温による秋冬野菜の生育前進や集中出荷など、気象条件に大きく影響を受けた年となった。また品目別の出荷・販売状況について、秋冬野菜の「やわ肌ねぎ」は、台風や降雨により出荷遅れとなった。価格面では10月までは高値となったが、11月以降は青森や千葉など主産県の出荷量増加により、平年並みに推移した。

 新発田農業普及指導センターの谷内田学普及員は、19年度の重点病害虫の対策について説明。18年度発生した、葉が黄化する萎凋(いちょう)病の反省を踏まえ、土壌分析や施肥管理について解説した。

 後藤部会長は「現在、ねぎ部会は、高齢化や作付面積減少といった問題を抱えているが、魅力あふれる北越後のネギのPRを継続していこう。一年後、良い年だったと皆で笑えるように、管理の徹底に努めよう」と、参加者らを激励した。

北越後 ねぎ部会通常総会

参加者らを激励する後藤部会長

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!