JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

「もとまちきゅうり」普及へ農商工が連携 普及委が企業説明会を実施【JA越後中央】
2019.04.02

 燕市吉田本町で生産される県内で最も早く出荷が始まった「もとまちきゅうり」の普及を目的に、農商工が一体となり発足した「もとまちきゅうり普及委員会」は3月中旬、JA越後中央吉田支店で企業向けの説明会を開いた。

 「もとまちきゅうり」を生産する本町そ菜出荷組合の加藤達男組合長をはじめ、燕市や三条市の飲食店や製造業、行政などから51人が参加し、「もとまちきゅうり」の普及に向けた方針などについて参加者全員で情報を共有した。

 同委員会の委員長でラーメン店「麺′s冨志」店主の森山史朗さんは「飲食業、農業、工業がジャンルを超えてつながり、新しい価値を生み出したい。そのツールとなるのが『もとまちきゅうりだ」と強調した。

 樋浦幸彦副委員長は「もとまちきゅうり」の概要や委員会の目的、想定される課題などを発表し、参加者から意見を募った。また、ディスカッションの際には、同委員会が考案した「もとまちきゅうりレモネード」が振る舞われた。同委員会では今後も定期的に会合を設け、「もとまちきゅうり」を使った地域活性化の取り組みを模索していく。

越後中央 もとまちキュウリ企業説明会

「もとまちきゅうりレモネード」を飲みながら情報交換する参加者ら

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!