JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

品質向上と収量確保に向けて/宮内地域品質向上プロジェクト会議【JA越後ながおか】
2019.03.25

 JA越後ながおかは3月中旬、宮内地域品質向上プロジェクトの第1回目の会議を開いた。会議では、地区代表者や関係機関など32人が参加。今年度の取り組み計画や品質向上対策を確認した。同JAでは、19年度の最重点課題として土づくりを掲げ、有機100%肥料の追加施用や作土深15センチの確保、元肥・穂肥施用量の点検などに取り組む。

 同プロジェクトは、宮内地域の米の品質向上を目的に2017年に発足した取り組みで、今年で3カ年計画の最終年度を迎える。

 宮内地域では、技術対策や実証圃(ほ)の設置・調査に加えて、全体指導会や全7回のプロジェクト会議を通じて、土づくり肥料散布の徹底や生育状況に応じた技術対策を地域に波及させ、品質向上の底上げと収量確保の両立を図っていく考えだ。全体1等米比率は、90%以上の達成を目指す。

越後ながおか 宮内地域品質向上プロジェクト会議

品質向上対策について話すJA営農課

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!