JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

雪下人参ためし掘り 出来は上々【JA十日町】
2019.03.20

 JA十日町は3月上旬、豪雪地帯ならではの特産品「雪下ニンジン」の出来や収穫適期を確認するため、十日町市倉又地域で試し掘りを行った。生産者や市場、同JAの職員ら20人が参加し、1・5メートルの雪を彫り上げ、雪をかき分けながら雪下ニンジンを掘り起こした。

 雪下ニンジンは十日町市と津南町が県内の主産地だ。30年ほど前、収穫し忘れた秋ニンジンに雪が積もり、春に掘り起こして食べてみたところ、甘くておいしかったことを踏まえて、雪の下での栽培を始めるようになった。雪が積もり約3カ月、雪の下で甘味が増したニンジンは、フルーツのように生食でもおいしく食べることができる。豪雪地の特産品として県外や都心でも人気の商品だ。

 参加者は、掘りたてのニンジンを、その場でかじって出来を確認し、「今年もまずまずの出来だ」と話した。同JA花卉(かき)野菜集出荷センターの島田直弥さんは「今年は昨年の天候の影響で全体の数量は昨年より少ない見込みだが、生産者や関係業者様と連携しながら精いっぱい頑張りたい」と話した。今年の初出荷は4月ごろになる予定だ。

 

DSC_0203

雪下ニンジンを掘り起こす職員ら

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!