JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

「お日待ちそばまつり」 地元産そば打ち体験やそば提供 お日待ちそば祭り実行委員会とJAにいがた南蒲【JAにいがた南蒲】
2019.03.13

 三条市下田地区の「お日待ちそばまつり実行委員会」とJAにいがた南蒲は3日、イベント「お日待ちそばまつり」をJA下田支店で開いた。地域住民が訪れ、会場で本格手打ちそばを味わった。地場産ソバを使ったそば打ち体験も行い、地場産の農産物や地産地消に理解を深めた。イベントは、今年で13回目となる。

 そば打ち体験は12人が参加した。材料は、同地区で生産した「とよむすめ」。同JA管内で生産者150人が約100ヘクタールで栽培する。香りが良く、甘味があるのが特徴だ。ソバ農家で農山漁村インストラクター「なりわいの匠(たくみ)」の吉田清さんとJA職員が講師を務めた。参加者の女性は「家には道具もないので、体験できて楽しかった」と話した。

 「お日待ち」とは、前日から潔斎(けっさい)し、集まった者が飲食を共にして翌日の日の出を拝む行事。同地区では2月28日を「お日待ちの日」としており、もてなしとしてそばを食べる習慣がある。

にいがた南蒲 お日待ちそばまつり

そばの切り方を指導する吉田さん㊨

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!