JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

JAならではの披露宴 県内初の地産地消wedding【JA十日町】
2019.03.06

 JA十日町グループのラポート十日町でスタートした地産地消ウェディング「NOKYO BAR」が話題となっている。ラポート十日町は、1972年から婚礼事業を始めてから今年で47年目。市外や県外から来る人に披露宴で「地元産」を使った料理で喜んでもらおうと昨年から企画し、地場産野菜と十日町産魚沼「コシヒカリ」を使用したビュッフェを提供しており、県内初の取り組みとなる。

 「NOKYO BAR」とタイトルを付け、ロゴには92年ごろまで使用していた農業協同組合の懐かしいマークを復活させ、地産地消をアピールした。米は十日町の「コシヒカリ」ブランド「米屋五郎兵衛」を使う。野菜は地元生産者と直接契約し、100%地元産にこだわった。

 利用した新郎新婦からは「十日町らしさを遠方から来る列席者に伝えることができて良かった」などの声があり、披露宴の出席者からは「十日町のおいしいコシヒカリや野菜を食べられるのはうれしい」と好評を得ている。

 業界最大手の口コミサイト「みんなのウェディング」では「NOKYO BAR」を始めた昨年に「お料理評価 新潟県2位」を獲得した。今年度も引き続きこの取り組みを続ける予定だ。

 企画したラポート十日町婚礼宴会課の佐藤一樹課長は「今後はNOKYO BARに十日町のそばなどを取り入れ、さらにパワーアップしていきたい」と話した。

十日町 地産地消wedding

「NOKYO BAR」を楽しむ列席者

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!