JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

食品表示法学ぼう 指導会で6次産業活性化後押し【JA新潟市】
2019.02.25

 JA新潟市は13日、同JA本店で農産物加工品の食品表示の指導会を開いた。昨年に続き2回目となる。JA自己改革の3本柱の一つ「農業者の所得増大」へ向けた6次産業活性化を目的とする。生産者や同JA役職員ら24人が参加。適正な表示を徹底し、消費者の支持を高めようと意識を共有した。

 新潟県6次産業化サポートセンターのプランナーで生活品質科学研究所の福地祐治さんが講師を務めた。同センターは国や県と連携し、プランナーの派遣や事業計画の認定に向けたサポート、認定後のフォローアップなど、6次産業化の取り組みを応援する。

 福地さんは、食品表示の現状と留意点、2020年に予定される食品表示法の新表示に係る準備などを説明。アレルギー表示の見直しや原料産地情報表示の義務化などについて注意を促した。

 講義終了後には質疑応答や個別相談の時間が設けられ、栄養成分表示や消費期限・賞味期限についての質問が多くあった。 

新潟市 食品表示法研修会

生産者の質問に答える福地さん

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!