JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

需要に見合った米生産を呼びかけ JAと各稲作部会の方針を共有 JA新潟みらい【JA新潟みらい】
2019.01.29

 JA新潟みらいは1月上旬、新潟市南区のJA本店で「主食用米取扱い方針説明会並びに米品質向上等会議」を開いた。JA管内各地区の農業再生協議会や稲作部会の会長、JA各グリーンセンターのセンター長、営農主任ら36人が集まった。JAは、今年産米の栽培面積の目安配分を示し、需要に見合った生産を依頼した。

 JA経営管理委員会の梨本勉会長は「昨年は不作により、結果的に米価が安定したが、平年作であれば過剰作付けによる価格の低下が避けられない状況だった。JAが示す目安に応じた生産をお願いしたい」と、あいさつした。

 JAは会議の中で、昨年に引き続き的確な米の需給調整と価格の安定を図るため「コシヒカリ」「こしいぶき」について、出荷者へ面積による生産目安の配分を行うとした。非主食用米(水田活用米穀)については、手取りが高い備蓄米を中心に取り組みの提案をした。

 また、JAは今年度の米栽培と販売の基本方針として「環境に優しい米作り」と「マーケット・インに基づいた米作り」の推進を挙げた。各グリーンセンターは、品質向上への取り組みに対する成果と問題点、今後の課題と対応を示した。各稲作部会は、昨年度の活動報告と今年度の事業計画を発表。五泉地区の「エコライス五泉」は、「特徴ある米作りによる、特徴ある産地・生産者の育成に向け、組織としての存在価値をどのように見いだしていくか」を課題に挙げた。今年度は、減減栽培での安定生産や需要に応じた米生産のため、実証圃(ほ)、展示圃を新たに設置する他、昨年に引き続き、栽培ステージに応じた研修会などを行うとしている。

新潟みらい 主食用米取扱い説明会

開会に際し、あいさつする梨本経営管理委員会会長

 

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!