JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

支店だよりレベルアップ運動の成果、地域から好評 コンテストでは安塚支店が最優秀賞【JAえちご上越】
2019.01.29

 JAえちご上越は地域との結び付き強化に向け、支店だよりを重視している。今年度は「支店だよりレベルアップ運動」と題して内容充実を図り、コンテストを開催。読者を意識した紙面は、「離れた集落でも支店を身近に感じる」「金融キャンペーンや旅行などの情報が多く、JAを利用してみようと思った」など好評だ。配達や営業活動で積極的に配布し、話題づくりに活用する支店もある。身近な話題満載の支店だよりは、地域との関係づくりに役立っている。

 コンテストは12月に開催。5月号から12月号までの採点と常勤役員の審査を基に、5支店を表彰。最優秀賞には安塚支店が輝いた。

 安塚支店では、くらしの相談員の本山剛支店長代理を中心に、手書きで作成。支店長の似顔絵や職員の顔写真を多用してキャンペーンをPRし、毎号必ず稲作情報を掲載する。支店管内は米農家が多く、生育状況や検査概況は欠かせない。営業担当は必ず支店だよりを携帯し、業務の合間に支店の様子を伝えることにしている。

 支店だよりは全24支店で毎月1日に発行。上旬のふれあい訪問で、職員が組合員を訪ねて手渡す。支店職員1~3人で作成し、手書きやパソコンなど形式はさまざま。ピンクや青色、黄色など色紙を使って目立つよう工夫する支店も多い。

 レベルアップに向けて総務部は、自己改革の進捗(しんちょく)状況の掲載提案や編集のアドバイスを行う。5月から全支店だよりを「見栄え・内容・個性」の項目で採点し、結果をフィードバックしている。

 「上越あるるん村」では支店だよりを掲示し、来店者が自由に持ち帰りできるよう特設コーナーも用意。直売所などの利用者へJAの認知度アップを図るとともに、担当職員の意欲向上につながっている。

えちご上越 支店だよりレベルアップ運動を実施

安塚支店の支店だより。地域との結び付き強化に向け、親しみやすい紙面を目指す

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!