JAグループ新潟

みんなのよい食プロジェクト

JAグループの取り組み

WTO農業交渉に関する街宣活動を行いました
(2008.12.10)

WTO農業交渉に関する街宣活動を行いました12月10日(水)、JAグループ新潟は、新潟市中央区古町で、WTO農業交渉での日本の主張について消費者の理解を求めるため、生産者やJAグループからのメッセージが書かれたチラシとポケットティッシュを配布し、のぼり旗を掲げて街宣活動を行いました。

----
緊急集会を開催
(2008.12.9)

JAグループ新潟は、12月5日(金)、WTO農業交渉のヤマ場を前に「JAグループ新潟 WTO農業貿易交渉対策緊急代表者集会」を開きました。県内JA代表者など約100人が参加し、「最後まで粘り強く取り組む」との集会決議を採択しました。

また、9日に東京で開かれた「WTO全国集会」には、新潟県からJAグループ役職員など約100名が参加し、集会後、デモ行進を行いました。「重要品目の十分な確保を」「公平な貿易ルールの確立」「上限関税反対」と書かれたゼッケンをつけ、主張をアピールしました。

----
WTO農業交渉に関する意見広告
(2008.12.5)

12月5日の新潟日報に意見広告を掲載しました。

掲載内容はこちら

----
「日豪EPA・WTO対策新潟県集会」を開催
(2007.3.26)

JAグループ新潟は、3月26日、新潟ユニゾンプラザで「日豪EPA・WTO対策新潟県集会」を開催しました。生産者・消費者・JAグループ役職員など450名が参加し、農業の多面的機能の発揮と多様な農業の共存などの観点から、「重要品目の例外措置や十分な数の重要品目の確保」「上限関税の阻止」に向けた運動展開を決議しました。

----
関税撤廃の影響に関する意見広告
(2007.3.25)

3月25日の新潟日報に意見広告を掲載しました。

掲載内容はこちら

----
日豪FTA交渉に関する意見広告
(2006.12.23)

12月23日の新潟日報に意見広告を掲載しました。

掲載内容はこちら

----
WTO農業交渉で県知事へ要請
(2006.06.22)

要請は、

  1. 農業の多面的機能など非貿易的関心事項をモダリティー(保護削減の基準)に反映させ、全ての国の農業の共存を可能に
  2. 上限関税導入を断固阻止
  3. センシティブ品目の十分な数を確保

の3点について県から国に働きかけてほしいという内容です。

----
WTO農業交渉に関する街頭宣伝
(2006.06.20)

WTO農業交渉に関する街頭宣伝街頭宣伝にはJA青年部・女性部の代表と中央会・県連の合計22名が参加。 WTO農業交渉に関するJAグループの考え方や、農業が果たしている重要な役割などをわかりやすく説明したパンフレットとポケットティッシュを、市内2カ所で1,000部配布しました。

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ