JAグループ新潟

みんなのよい食プロジェクト

安全・安心への取り組み

輸入食品への有害物質の混入、食品の偽装表示や事故米問題などにより、国産農畜産物の安全・安心の確保を求める声が高まってきています。

JAグループでは、こうした声に応えられるよう、さまざまな取り組みを行っています。

  • 生産履歴記帳
  • GAP
  • 多様な需要に応じた米づくり
  • コシヒカリBL
  • 環境保全型農業
  • 農産物直売所

生産履歴記帳とは、

  • 適切な生産基準を設定し、
  • その基準に基づいて適切な生産工程管理・記帳を行い、
  • 生産基準ごとに農産物を分別管理し、
  • 記帳内容に基づく情報を取引先・消費者に提供する

一連の取り組みをいいます。

この生産履歴記帳の普及と定着により、県産農畜産物の安全性確保と品質向上に努めています。

生産履歴記帳運動の手順

生産履歴記帳運動の手順

JA全農にいがたでは、農畜産物の生産履歴情報を公開しています。
くわしくは、JA全農にいがたホームページの生産履歴情報をご覧ください。

GAPとは、「ood gricultural ractice」(良い農業の実践)の略で、生産段階での安全対策として、生産者自ら農業生産の基準ルールを作り、それを実践・記録していく取り組みです。

農作業の計画を立て(Plan)、チェックシートを確認して農作業を行い(Do)、記録を点検することで改善点を見つけ(Check)、改善点を見直し、次回の作付けに役立てる(Action)という一連の管理(PDCAサイクル)を行います。

PDCAサイクルの繰り返し

GAPを導入することで

  • より安全で高品質な農産物の提供が可能になります。
  • 環境への負担を軽減することができます。
  • 農作業の改善によるコスト低減や品質向上につながります。

JAグループ新潟では、行政・関係機関と連携し、食の安全・安心対策の一環として取り組みを進めています。

新潟県のお米というとコシヒカリが有名ですが、現在はコシヒカリだけでなく、低価格帯の米需要にもきちんと対応できる品種構成の確立や、外食・中食・酒造・米菓等の食品産業における需要への安定的な対応が求められています。

このため、JAグループ新潟では、生産調整の確実な実施に取り組み、コシヒカリの作付け偏重の解消に向けたガイドラインを設定して、「こしいぶき」などの生産拡大に取り組んでいます。

「RICE戦略」

JAグループ新潟では、「多様な需要に応えられる安全・安心・高品質の米づくり」を基本目標とした「RICE戦略」に取り組んでいます。

RICE戦略とは、「Restructuring(再構築)」「Identity(JAらしさ)」「Concentration(結集)」「Efficiency(効率化)」をコンセプトとした米生産・販売戦略のことで、食管法から食糧法への移行に対応し、平成7年に策定。本県では平成15年と18年に新戦略を策定し取り組んでいます。






基本目標
  • 多様な需要に応えられる安全・安心・高品質の米づくり
3つの挑戦
  • こしいぶき、業務用、こだわり米などの多様な需要に応える「新潟米」
  • 減農薬・減化学肥料栽培などの取り組みを通じた安全で安心な「新潟米」
  • 高品質な「新潟米」
重点目標
  • 用途別・価格帯別の生産・販売による新潟米のシェア拡大
  • 「売れる新潟米」に向けた生産者・JA・産地の主体的な取り組み
  • 安全・安心・高品質米と環境保全型農業の取り組み促進
  • JAグループ米穀販売機能の強化

コシヒカリBLとは

より安全で安心な新潟米をお届けするため、平成17年産から新潟米コシヒカリは「コシヒカリBL」に全面的に切り替わりました。

従来のコシヒカリは、稲の大敵である「いもち病」に弱いという大きな問題がありました。いもち病が発生すると稲が枯れてしまい、収量の減少や品質の低下を招きます。このいもち病に強い性質を付加したものが「コシヒカリBL」です。

※「BL」とは、Blast resistance Lines=いもち病抵抗性系統のことです。
名前の通り、お米の病気である「いもち病」に抵抗性がある品種です。

葉いもち・穂いもち発生状況の推移

コシヒカリBLの開発

コシヒカリBLは、「遺伝子組換え」ではなく、「戻し交配」という従来から品種改良に使用されてきた方法で開発されました。コシヒカリにいもち病に強い品種を交配し、その子供にコシヒカリを繰り返し交配する連続戻し交配法によって、15年の歳月をかけて、いもち病に抵抗性をもったコシヒカリを開発しました。

コシヒカリBLの開発

コシヒカリBLの特徴
  1. 病気に強い⇒農薬を減らすことで環境負荷を軽減
    いもち病に強い性質を持つため、病気の発生率が減り、農薬の使用量を減らすことができるので、より安全で環境にやさしい農業が実現できます。
  2. 味は変わらない
    (財)日本穀物検定協会による食味試験の結果、コシヒカリBLは、従来コシヒカリと同等の食味と評価されました。
  3. DNA鑑定で判別できる
    DNA鑑定を行うことで、他県産米と区別することができ、本物の新潟県産コシヒカリをお届けすることができます。

コシヒカリBLについて、もっと知りたい方は…

JAグループは、環境にやさしい農業を実践するために、さまざまな努力・工夫をしています。その一つとして、「環境保全型農業」があります。

土づくりを通じた化学肥料・農薬の低減や、有機質資材の施用、農業用資材のリサイクルなどにより環境への負荷を減らし、将来に持続できる農業を進めていこうと取り組んでいます。

境保全型農業を実践する「エコファーマー」

 「エコファーマー」とは、たい肥による土づくりや、化学肥料や農薬を減らす農業生産についての計画を導入し、都道府県知事から認定を受けた農業生産者を指します。全国のエコファーマーの認定数は、平成13年には約1,100人でしたが、平成20年9月末には178,622人と、年々増加しています。新潟県でも、平成13年には0人だったものが平成20年9月末には10,867人と増加し、全国で2位の認定件数となっています。食の安全・安心への国民的関心の高まりを受け、農業生産者においても、環境保全を重視した農業に対する意識が高まっています。

エコファーマー認定件数(平成20年9月)

地域の生産者が自ら作った農産物を直接販売する農産物直売所は、収穫されたばかりの「新鮮さ」、生産者の顔がわかる「安心感」、産地直売の「安さ」で人気です。

生産者の顔が見える直売所は、生産者と消費者の距離を縮める拠点ともいえるでしょう。

県内の直売所は、JA直売所マップのコーナーで見ることができます。

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ