JAグループ新潟

みんなのよい食プロジェクト

日本型食生活

日本型食生活のすすめ

日本は、昭和30年半ばから食生活の欧米化がすすみ、パンやめん類を食べる機会が増え、副食に肉類等が多く摂取されるなどして日本人の体格はかなりよくなったと言われています。しかし、同時に糖尿病・高血圧症・肥満・心臓病など生活習慣病と呼ばれるさまざまな病気が増加しています。一方、欧米では、日本型食生活のバランスの良さが注目されるようになりました。ごはんを中心とした日本型食生活の素晴らしさを見直しましょう。

食事バランスガイド

食事バランスガイド

食時バランスガイドは、1日に「何を」「どれだけ」食べたら良いかが一目でわかる便利なツールです。

主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物の5グループの食品を組み合わせてバランスよくとれるよう、コマにたとえてそれぞれの適量をイラストでわかりやすく示しています。

くわしくは、にいがた子ども食事バランスガイドをご覧ください。

日本型食生活で自給率向上

お米は日本が輸入に頼らず必要な量を作ることができる数少ない農産物なので、ごはんをたくさん食べることは食料自給率を上げることにつながります。1日に1杯(精米60g)だけお代わりすると自給率は48%になるといわれています。

毎日、ごはんをもう一杯多く食べると…

  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • 食彩の詩