JAグループ新潟

みんなのよい食プロジェクト

食と農業の気になる話

食料は、わたしたちが生きていく上で欠かすことのできないものです。食料の安定供給を確保することは、社会の安定と国民の安心、健康の維持を図る上で不可欠です。

しかしながら、日本の食料自給率はカロリーベースで41%と先進国の中で最低の水準となっており、たくさんの食料を外国からの輸入に頼っている状況です。

また、近年の世界的な異常気象や人口増加により、世界の食料需給は不安定な状況にあります。日本は食料の多くを輸入に頼っているため、外国の生産事情に大きく影響を受けやすいのが実態です。もし、異常気象や有害物質の混入による規制などで食料の輸入がストップしてしまうと、日本は今の半分以下しか食料を確保できないということになります。

国内農地のみで私たちの食事をまかなう場合、今とは大きくかけ離れた姿に

こうした中、私たち国民ひとりひとりが毎日の「食」について考え、自らの食生活を見つめ直したり、身近な食べものを大切にしていくことが必要になっています。

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ