JAグループ新潟

みんなのレシピ

みんなのレシピ

ニンニク

ニンニクニンニクといえば元気が出る食材! そんなイメージではないでしょうか。古くからニンニクを食べると持久力や耐久力が増すと信じられており、エジプトではピラミッド建設の際、奴隷に配られていたとか、ギリシャでは兵士たちが戦争の前に戦意向上のために食べていたなどいろいろな言い伝えがあります。ちなみにニンニクは最も古い栽培植物の一つとされており、人類の歴史を支えてきた食材ともいえます。

 ニンニクには神がかり的な力があると古代から信じられてきたようですが、現代では実際にニンニクには血圧降下や血小板凝集阻害、血中コレステロールの阻害など多くの薬理作用があることが分かっています。さらに、がんを抑制する食材としても注目されています。

 そんなニンニクも、あの香りが苦手、という方も少なくありません。そもそも、あの香りは切ったりすりおろしたりすることで細胞が破壊され、ニンニクに含まれるアリインという物質が酵素の作用によってアリシンという物質に変化します。この変化後のアリシンが独特の香りのもとなのです。

 つまり、香りを最大限に生かしたければ、細かく刻む、すりおろす、つぶすなどし、あまり香りは付けずに使いたい場合は切らずに丸いまま使うとよいのです。

 アリシンという物質は、抗菌物質の一種でもあり、特に、大腸菌や赤痢菌、コレラ菌などに抗菌効果があるといわれています。そのためニンニクは食品の保存性を高める機能も持っています。

 ニンニクを食べた後の臭いを消すには、パセリ、ミントの茎、コーヒー豆が良いといわれています。ニンニクをたくさん食べた後は、食後にこれらを使ったデザートやコーヒーを楽しめば、臭い予防にもなって一石二鳥ですね。

 

岡村麻純(おかむら ますみ) 1984年7月31日生まれ。お茶の水女子大学卒。大学で4年間食物科学を学び、食生活アドバイザーなどの資格を持つ。
公式ブログ:http://ameblo.jp/masumiokamura/

ニンニクたっぷり炒め

ニンニクたっぷり炒め

材料

(2人分)
ニンニクの芽 150g
ニンニク (2片)20g
牛もも肉(薄切り) 100g
A 砂糖 小さじ1/2
小さじ1
しょうゆ 小さじ1
ごま油 小さじ1
かたくり粉 小さじ1
サラダ油 大さじ1
小さじ1/6
こしょう 少々

作り方

(1人分230kcal)調理時間15分
1 ニンニクの芽は3~4cm長さに切ります。湯カップ2に塩小さじ1/6(材料外)を加え、ニンニクの芽を2分ほどゆでます。
2 ニンニクは薄切りにします。牛肉は1cm幅に切り、Aをもみ込みます。
3 フライパンに弱めの中火で油を温め、ニンニクを炒めます。薄く色づいたら、牛肉をほぐしながら入れて炒めます。肉の色が変わったら、ニンニクの芽を加えて混ぜ、塩、こしょうで調味します。

撮影:中里一曉

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • あなたの見つけた「協同」フォトコンテスト作品集
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ