JAグループ新潟

みんなのレシピ

みんなのレシピ

鴨肉

冬が旬。軟らかく仕上げるには火加減がポイント

サツマイモ 鴨(カモ)肉は身が柔らかく、滋養に富み、寒い時期の料理に向く食材です。本来冬場の狩猟シーズンが旬。現在は、野生のカモ(マガモ)はほとんど手に入らなくなり、肉屋さんで売られているのは各地で飼育されているアイガモです。

 肉質は鶏肉に似ていますが、地上で飼われ、もも肉が発達している鶏肉と違い、空を飛ぶことのできるカモは手羽から胸肉の部分が発達しているのが特徴です。

 鴨肉は、脂肪が多めで柔らかく、脂はこくや独特のうま味のもとになります。ロースとして売られているのは、胸肉。購入するときは、肉色が鮮やかな赤色で、厚みがあるものを選びましょう。

 鴨肉はソテーやローストなどの焼き物の他、治部煮などの煮物や鍋物などに使われます。また、冷めても口当たりが良く、風味が落ちることがありません。香ばしく焼いた後、たれに漬ける「焼き漬け」は、冷蔵庫で3〜4日保存できるので、作り置きに便利です。年末やお正月のおもてなし料理に、重宝します。

 料理するときは、脂身が厚く火が通りにくいので、皮の表面に切れ目を入れたり、竹串などで刺して、表面に穴を開けましょう。こうすることで火通りが良くなる他、加熱したときに余分な脂が抜け、たれや調味料が染み込みやすくなります。また皮が縮むのを防ぎ、きれいに仕上がります。

 焼くときは、表面を焼き固めてうま味を閉じ込めます。皮目から焼き、表面にきれいな焼き色が付いたら、裏に返します。火が通り過ぎると、硬く締まり、パサつくので気を付けましょう。切り口がピンク色になるくらいが、ちょうど良い焼き加減。しっとり、軟らかい食感に仕上がります。

 

鴨の焼き漬け

鴨の焼き漬け

材料

(2人分)
鴨肉(かたまり) 200g
A みりん 大さじ3
大さじ2
しょうゆ 大さじ1
<付け合わせ>
リンゴ 1/2個
B 砂糖 大さじ1・1/2
白ワイン・水 各カップ1/4

作り方

(1人分410kcal)調理時間20分 ※漬け置く時間は除く
1 鍋にAを合わせ、約1分煮て冷まし、ポリ袋に入れます。
2 鴨肉は皮に約5mm間隔の縦長の切り込みを入れます。
3 グリルに肉を皮を上にして入れます。中火で両面を約5分ずつ焼きます。
4 肉の粗熱を取り、(1)に入れます。空気を抜いて口を閉じ、30分以上置きます(冷蔵庫で3〜4日保存できます)。
4 リンゴは皮と芯を取り、2〜3mm厚さのいちょう切りにします。Bで4〜5分煮ます。
4 肉を薄切りにして盛り付け、リンゴを添えます。

撮影:大井一範

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ