JAグループ新潟

みんなのレシピ

みんなのレシピ

トウミョウ

独特の風味と、シャキッとした歯応えが魅力

トウミョウトウミョウ(豆苗)とは、エンドウの新芽や若い葉や茎を摘み取って食用にしたもので、中国では昔から食べられてきた野菜です。以前は中華料理の高級野菜として扱われていましたが、近年は水耕栽培のものが一年中安定した価格で出回るようになりました。

 あまり癖はなく、シャキッとした歯応えと、エンドウ特有の風味が特徴。油との相性が良く、炒め物にすると甘味が出て特有の香りが引き立ちます。スープに入れるときも、いったん炒めてから使うと色が鮮やかになり、香りが生きてきます。またさっとゆでてあえ物にしたり、きれいな色を生かして料理の青みにも使えます。

 調理の際は、細く柔らかいので加熱はさっと手早く。加熱し過ぎると、香りも歯応えもなくなって筋っぽくなってしまうので注意しましょう。

 またトウミョウは、新芽を食べるのでスプラウトの一種ですが、ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜。特に抗酸化作用で体内の免疫力を高めるカロテンや、ビタミンCを多く含みます。栄養面でも油と一緒に調理すると、カロテンの吸収が良くなるのでお勧めです。

 買うときは、根付きのものと、芽や葉の部分を摘んで売られているものがありますが、どちらも葉が新鮮で緑色が濃く、茎がシャキッとしているものを選びます。摘んであるものはそのまま使えて手軽ですが、根付きのものは、なんと切り落とした根の部分を育てると再収穫ができます。根を容器に入れ、根が浸るくらいに水を入れて室内の日の当たる所で約2週間(水は毎日替えます)で収穫可能。ぜひ捨てずにチャレンジを!

 

トウミョウと豆腐のさっぱりスープ

豚肉と新ショウガの炒め物

材料

(4人分)
木綿豆腐 1/2丁(150g)
トウミョウ 1パック
ごま油 小さじ1
シイタケ 2個
A カップ3
スープのもと 大さじ1/2
大さじ2
しょうゆ 大さじ1
大さじ1
塩・こしょう 各少々

作り方

(1人分53kcal)調理時間15分
1 豆腐は縦半分に切り、厚みを半分にして端から1cm幅に切ります。
2 トウミョウは根元を切り落とし3cm長さに切ります。シイタケは軸を取り、薄切りにします。
3 鍋に油を熱し、トウミョウを入れて強火で炒めます。しんなりしたらAを加え、煮立てます。
4 豆腐、シイタケを加え、再度沸騰したら酢を加え、塩、こしょうで味を調えます。

撮影:大井一範

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ