JAグループ新潟

みんなのレシピ

みんなのレシピ

シイタケ

食物繊維が豊富で低カロリー。美容と健康にも効果的

シイタケ

 真っ赤なリンゴが店頭に出回るのは、秋から冬にかけて。寒冷な気候を好むので、国内では青森や長野県が主な産地です。

 生でそのままはもちろん、加熱してもおいしいので、焼きりんごや、ジャム、コンポート、アップルパイなど、お菓子の材料としてよく使われます。また、爽やかな甘味が料理にも使いやすく、シャキシャキした食感を生かしてサラダに加えたり、肉料理のソースや煮込み料理にもよく合います。お菓子だけでなく、ぜひいろいろな料理に使ってみましょう。

 品種は、甘味と酸味のバランスに優れ、香りの良い「ふじ」が主流ですが、お菓子には酸味が強く、すっきりした甘味の「紅玉」がお薦め。手に入らない場合は、比較的酸味のある「ジョナゴールド」や「あかね」で代用したり、レモン汁で少し酸味を加えるとリンゴの甘味が引き立ちます。

 リンゴは、切り口が空気に触れると茶色くなってしまうので、切ってそのままデザートとして出したり、サラダなどに混ぜるときは、塩水に浸したり、酢やレモン汁を掛けておくと変色を防ぐことができます。今回のレシピのように、加熱して変色が気にならない場合、下処理は不要ですが、できるだけ使う直前に切るようにしましょう。

 また、リンゴは「1日1個食べれば医者いらず」といわれるほど、健康的な果物です。ペクチンなどの食物繊維には、整腸作用や便秘解消効果の他、コレステロールを下げて動脈硬化予防、カリウムには血圧を下げる働きがあり、生活習慣病の予防にも効果的です。さらに疲労回復に効果のあるリンゴ酸やクエン酸、体に有害な活性酸素を除去するポリフェノールなども多く含みます。特にポリフェノールやペクチンは皮の近くに多いので、よく洗ってから皮ごと使うとより効果的です。

リンゴとサツマイモの焼き菓子

リンゴとサツマイモの焼き菓子

材料

(2人分)
サツマイモ 1本(200g)
リンゴ(あれば紅玉) 1/2個(150g)
砂糖 大さじ3
牛乳 大さじ3
バター 15g
グラニュー糖 小さじ1/2

作り方

(1人分287kcal/調理時間 25分)
1 サツマイモは1cm厚さの輪切りにし、水にさらします。軟らかくなるまでゆでます。
2 サツマイモの皮をむき、鍋に入れて木べらでつぶします。砂糖と牛乳を加えて混ぜ、弱火で2~3分煮ます。バター10gを入れてなじませ、火を止めます。
3 リンゴは皮付きのまま横に半分にし、3mm厚さに切ります。
4 耐熱皿に(2)を入れ、表面を平らにします。上に(3)のリンゴを並べ、バターを小さく切って散らし、グラニュー糖を振ります。
5 オーブントースターで約8分(または200度のオーブンで約5分)、焼き色を付けます。

撮影:対馬一次

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ