JAグループ新潟

きっず広場

新潟の稲作のはなし

4月

4月

(こめ)づくりの第一歩(だいいっぽ)は、丈夫(じょうぶ)(なえ)(そだ)てることから。いい(つち)をつくるために、(いな)わらやたい()(つち)養分(ようぶん)(おぎな)肥料(ひりょう)をまぜ、(つち)をたがやす「(こう)うん」作業(さぎょう)(おこな)います。

5月

5月

(なえ)(そだ)()が2(まい)以上(いじょう)()たら、「田植(たう)え」を(おこな)います。

6月

6月

(みず)上手(じょうず)利用(りよう)して、(おお)きく(そだ)った(なえ)

(くき)が5~6(ぽん)()えると()をつける準備(じゅんび)をします。

7月~8月

7月~8月

(ちい)さな(いね)(はな)()くのは午前中(ごぜんちゅう)

一穂(ひとほ)のなかでも(はな)()順序(じゅんじょ)()まっています。

9月

9月

黄金色(こがねいろ)稲穂(いなほ)(かがや)くと、いよいよ稲刈(いねか)りを(おこな)います。

収穫(しゅうかく)された玄米(げんまい)は、精米(せいまい)工場(こうじょう)(うつく)しい白米(はくまい)になります。

  • あぐり村
  • ちゃぐりん
  • 世界こども図画コンテスト
  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ