JAグループ新潟

きっず広場

日本型食生活の話

和食の新しいスタイル

日本にほん料理りょうり原点げんてん -「一汁いちじゅう三菜さんさい

ごはんとしるのほかに、おかずが3しな

ごはんとしるのほかに、おかずが3しなつくのが一汁いちじゅう三菜さんさい食事しょくじ。 これは茶道さどう千利休せんのりきゅう四百数十よんひゃくすうじゅうねんまえ確立かくりつしたちゃ懐石かいせき献立こんだてがもとになっています。

内容ないようはめし、しる向付むこうづけ煮物にもの焼き物やきもの余計よけいなものはつけず、しゅん素材そざいかした質素しっそですがこころのこもった食事しょくじが、本来ほんらい懐石料理かいせきりょうりです。

献立こんだては5つのうつわのイメージで -「しん一汁いちじゅう三菜さんさい

一汁三菜主食しゅしょくのごはんに、三菜さんさい主菜しゅさい副菜ふくさいふく副菜ふくさい置き換おきかえ、これに汁物しるものえた、あたらしいスタイル。

これを現代げんだい家庭かてい食事しょくじにアレンジしたのが「しん一汁いちじゅう三菜さんさい」。

主食しゅしょくのごはんに、三菜さんさい主菜しゅさい副菜ふくさいふく副菜ふくさい置き換おきかえ、これに汁物しるものえた、あたらしいスタイルの和風わふう献立こんだてです。

のように5つのうつわをイメージして料理りょうり組み合くみあわせると、あじ栄養えいようのバランスもよい、健康けんこうてき献立こんだてになります。

ごはん

手前てまえ左側ひだりがわき、つねに献立こんだて中心ちゅうしんにします。ごはん茶碗ぢゃわんは、汁物しるものわんよりもおおきめなのが一般的いっぱんてきです。

汁物しるもの

みそしるやおすましなどは主役しゅやくのごはんの右側みぎがわに。もともとは、ごはんのおともでしたが「しん一汁いちじゅう三菜さんさい」では、主菜しゅさい副菜ふくさいなどをおぎな大事だいじなおかずの一員いちいんです。

主菜しゅさい

たんぱくしつげんになるメインのおかず。汁物しるものうえ位置いちくとべやすく、ふつうはいちばんおおきなうつわ使つかいます。

副菜ふくさい

主菜しゅさいぐおかずで、野菜やさい中心ちゅうしんになります。主菜しゅさい左側ひだりがわき、主菜しゅさいとセットでかんがえましょう。

副副菜ふくふくさい

つけもの常備じょうびなどの、ごはんとの相性あいしょうのよいちいさなおかず。スペースができたところにきましょう。

  • あぐり村
  • ちゃぐりん
  • 世界こども図画コンテスト
  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ