JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

収穫期に向けて農業機械の安全な操作を確認【JAひすい】
2018.08.29

 JAひすい営農部農機課は8月1日、糸魚川市の西能生地区公民館と大和川地区公民館の2つの会場で農業機械安全講習会を開いた。地元組合員や農業法人の従業員ら40人が参加し、秋の農繁期を前に、機械操作や点検方法、危険箇所などを再確認した。

 同部農機課の木島吉郎課長が講師を務め、農作業事故の概要・安全対策を紹介した。収穫期は、コンバインによる事故が多く、移動・走行中の34・7%、作業中の詰まり除去時の20・4%、点検・整備中の16・8%が上位だと説明。作業の注意点を参加者に伝えた。また、過去の事故から読み取れる要因や安全対策も解説した。

 同JA、オリジナルカレンダーやのぼりを作るなど農作業事故防止のための啓発活動に力を入れている。木島課長は「基本を守り、絶対に農作業事故を起こさない、大切な家族を悲しませない、と強い気持ちで農作業に取り組んでほしい」と呼び掛けていた。

ひすい 農機安全講習会

農機の危険箇所を確認する参加者

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!