JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

新米登場/品質・食味ともに上々/JAにいがた南蒲農産物直売所ただいまーと【JAにいがた南蒲】
2018.08.29

 いち早く2018年産の新米を味わってもらおうと、JAにいがた南蒲は24日、同JA農産物直売所「ただいまーと」の販売をスタートした。店頭に並べたのは、地場産の極早生品種「越路早生」。価格は、玄米30㌔袋入りが9880円(税込)で、量り売りが玄米1キロあたり370円とした。玄米で約3㌧の販売を予定している。

 「越路早生」は、三条市栄地区で生産したもの。18日に収穫を始め、23、24日に農産物検査を受検した。検査数量は約72㌧で、全量が1等に格付された。

 同店は、玄米を2㌔以上の購入で店頭精米のサービスも行った。前日までに予約した消費者が、午前9時30分の開店とともに訪れ、すりたての新米を受け取った。

 新米の販売開始を知らずに買い物にきた来店者も「米を買う予定ではなかったが、新米と聞いて買うことにした。さっそく炊いて、味わってみたい」と話し、購入をしていた。

 玄米販売のみで、袋入りの精米販売は行わない。金子裕基店長は「猛暑の影響を心配したが、品質・食味ともに上々で、新米ならではの香りがある。一足早い南蒲産の新米を楽しんでほしい」と期待を話した。

にいがた南蒲 ただいまーと新米販売開始

すりたての新米を来店者に手渡すスタッフ

 

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!