JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

生産から直売・6次産業化までの農業体験を 食と農のテーマパーク「上越あるるん村」 【JAえちご上越】
2018.08.08

 レストランや農産加工品の直売などを展開するJAえちご上越の「あるるんの杜」は7月20日、上越市立春日新田小学校の食農教育を支援するため、スイートコーンの収穫体験を受け入れた。5年生66人が参加。児童は、販売も体験し、食と農に理解を深めた。

 これは、体験を通じた上越の食と農を学びの位置付けだ。子育て世代の保護者にJAの果たす役割を伝える狙いもある。

 収穫体験では、あるるんの杜の亦野潤一担当は「スイートコーンは1株に3本ほどのできる。甘みがある1番上のものを収穫して」と説明。児童は、2人1組で約350株を収穫した。

 また、児童は農産物直売所「あるるん畑」で直売も体験した。「みらいスイートコーン」と名付け、2本100円に設定。商品説明や袋詰め作業も児童が行った。商品は5分で売り切れた。小堺煌月(らいと)さん(10)は「自分で育てたものを収穫し、販売できたことが楽しかった。農業はおもしろい。また育ててみたい」と元気いっぱいに話した。

 今後は、収穫したスイートコーンを使った加工品を考案し、6次産業化を体験する。

えちご上越 スイートコーン収穫、直売体験

自分たちで育てたスイートコーンを収穫し笑顔を見せる児童

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!