JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

「弥彦むすめ」生誕50年/生産者大会で決意新たに【JA越後中央】
2018.08.02

 弥彦村の特産エダマメ「弥彦むすめ」が、今年で初出荷から50年になった。弥彦村野菜部会とJA越後中央は7日、これを記念して生産者大会を開いた。会場となったJA越後中央弥彦支店には生産者や関係機関の担当者ら80人が集まり、半世紀に及ぶ栽培の歴史を振り返った。

 大会では、生産者とともに「弥彦むすめ」生産の礎を築いた元園芸専任技術職員の石橋勝栄さん(79)ら3人が講演を行った。石橋さんは「弥彦むすめ50年のあゆみ」と題して、産地として確立されるまでの軌跡を紹介。「エダマメの生産量をさらに拡大し、所得向上に努めてほしい」と呼びかけた。

 同JAの髙橋七郎経営管理委員会会長は「50年という長い間、ブランドを守り続けることができたのは生産者のたゆまぬ努力の賜物だ」と歴史を振り返り、生産者の労をねぎらった。

越後中央 弥彦むすめ50周年

50周年を記念して開催された「弥彦むすめ」の生産者大会

 

 

 

 

 

     

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!