JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

刈り払い機の使用時の安全確認・JAしおざわ職員も指導・南魚沼市の広域協定【JAしおざわ】
2018.08.02

 南魚沼市上田地区広域協定は11日、農作業事故の防止を目的に、刈り払い機の安全講習会を開いた。会場の同市上田農村環境改善センターには、地元の生産者ら26人の参加者が集まった。参加者は、刈り払い機の安全な使用方法や簡単なメンテナンス方法を学んだ。

 講師は農機メーカー「やまびこ」の黄前彬さんが務めた。黄前さんは、刈り払い機の使い方やメンテナンス方法を紹介し、「農機具には危険なものが多い。安全に長く機械を使うには、メンテナンスが重要だ」と強調した。JAしおざわ農機センターの植木清さん、松田大典さんは、セルフメンテナンスについて補足。「刈った草が機械にからみつくと、故障の原因になる。使用後は、からんだ草を取り除いてほしい」と訴えた。

 参加者は「プラグの交換時期がわかる方法はないか」「メンテナンスに使うグリスはどのようなものか」などと疑問を講師に投げかけていた。

 講習会を開催した広域協定の担当者は「参加者が多く、講習会の需要の多さを実感した。事故に遭わない農作業を呼び掛けていきたい」と話していた。

しおざわ 刈払機安全指導講習

参加者の疑問に答える黄前さん㊧と松田さん

 

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!