JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

春夏ニンジン選果出荷スタート・胎内市【JA胎内市】
2018.07.23

 JA胎内市で25日ごろまで、春夏ニンジンの共選出荷が続いている。今年産では、生産者8人が畑5ヘクタールに作付けた。初出荷は3日で、期間を通じて約190トンの出荷を見込んでいる。

 春夏ニンジンは4月上旬を播種作業を行ったもの。品種は「紅うらら」「紅ひなた」。生産者は「5月上旬の強風や6月以降の高温少雨の影響で、初期の肥大が良くなかったが、最近になって平年並みに回復した。平年通りの相場を期待している」と話していた。

 同JA園芸支援センターの担当者は「春夏ニンジンの出荷がスタートしたが、今年産は肥大の影響で、販売価格の上昇は難しい状況だ。秋冬ニンジンの出荷に向け、早い段階から取引先と連携して販売強化に努力をしていきたい」と話していた。

胎内市 春夏ニンジン出荷手際よく選果する作業員

 

 

 

 

  

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!