JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

サヤインゲン出荷本格化/目合わせ会を開催/JAにいがた岩船【JAにいがた岩船】
2018.07.09

 JAにいがた岩船管内で、サヤインゲンの出荷が6月下旬に本格化した。今年産は品質、収量ともに良好だ。出荷量は9月中旬に出荷が始まる秋サヤインゲンも含めて約7・2トンを見込む。最盛期を前に、JAでは22日に目合わせ会を開いた。

 目合わせ会には、生産者11人と市場、JAの担当者らが参加。出荷規格や品質基準、箱詰め方法などを確認した。生産者は、現物を1個ずつ手に取りながら、品質や出荷規格を確認した。

 新印新発田中央青果蔬菜部第一課の湯浅勝彦課長は、販売情勢を説明し、「今年産は全体的に平年並みの価格で推移している。病害虫防除を徹底し、良品質なものを出荷してほしい」と呼び掛けた。

 同JA園芸畜産課の森田望美園芸指導員は、栽培記録簿の記帳徹底を促し、「出荷時のサヤインゲンへの泥ハネや、選別時と箱詰め時の病害虫被害の確認を忘れないでほしい。選別を徹底して有利販売につなげたい」と話している。

 今年産のサヤインゲンは、順調に生育し、例年並みに出荷が始まった。「サクサク王子」「サーベル」が13日に始まった。出荷先は、新発田市と東京都の市場。

にいがた岩船 サヤインゲン目合わせ会目合わせ会で出荷規格を確認する生産者ら

 

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!