JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

一つの下ごしらえから数パターンのおかずを・市民交流施設「e‐ne」料理教室【JA越後ながおか】
2018.06.25

 JA越後ながおかは11日、同JA市民交流施設「e‐ne」で料理教室を開いた。市民12人が参加。「晩ごはんのおかず お悩み解決」をテーマに、一つの下ごしらえから複数パターンのおかずを作るレシピを学んだ。

 講師は、長岡市のイタリア料理店「アルベーロ」の五十嵐勝彦さんが務めた。鶏もも肉を使って、「鶏肉と野菜の甘酢ソース」「鶏肉とタケノコとピーマン炒め」の2品を作った。鶏もも肉は下味が同じで、タマネギとピーマンを共通して使うため、簡単に2品を作れるのが特徴だ。五十嵐さんは「同じ下味を付けた鶏肉に衣を付けて揚げると、唐揚げとしてもおいしく食べられる」と話し、さらにレシピを増やす工夫を紹介した。

 参加者は1時間ほどで料理を完成させて味わった。「どちらの料理もおいしく、とても参考になった。メニューの幅が広がりそう」と話した。

 教室の第2弾として7月9日には、豚ひき肉を使ったレシピを学ぶ。

越後ながおか e-ne晩ご飯のおかず指導する五十嵐さん㊧

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!