JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

スイカ栽培指導会・栽培管理のポイントを確認・越後おぢや生産組合【JA越後おぢや】
2018.06.25

 JA越後おぢやのスイカ生産組織「小千谷すいか組合」は5日、小千谷市鴻巣町の畑で栽培指導会を開いた。生産者や同JAの担当職員ら20人が参加した。生育状況を踏まえ、今後の栽培管理のポイントなどを確認した。県長岡農業普及指導センター小千谷分室が協力した。

 同分室の椛澤桃子主査普及指導員は、「定植時期はほぼ昨年と同時期で、葉焼けの発生は少なく、全体に活着は良好だ。5月上旬は最高気温が上がらず、活着後の生育は緩慢で、つるの伸長スピードは緩やかだったが、5月15日以降は天候が回復し、つるの伸長が急激に進んだ」と説明。今後の管理のポイントとして、①低節位の摘果徹底と着果棒の設置②肥大期の管理③生育診断④病害虫の予防防除ダッシュ―を呼び掛けた。

 すいか組合の小宮隆平組合長は「熱中症など健康に気を付けて、生産に取り組んでいこう」と呼び掛けた。

越後おぢや スイカ栽培指導会スイカの生育状況や管理ポイントを確認する生産者

 

 

 

   

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!